シリコンって何?ノンシリコンって何がいいの?

ノンシリコンのほうがいいの?

「ノンシリコン」ってよく聞くけど、具体的になにがいいの? それでもシリコンが配合されているものが多いのはなぜ?
そんな疑問を持ったことはありませんか?
ここでは化粧品におけるシリコンについてお話してみたいと思います。

そもそもシリコンって何?

そもそもシリコンって何?

実は「シリコーン」と「シリコン」は別もの。
シリコーンは「水素」と「ケイ素」のつながりが軸となった物質。
化粧品に幅広く使われています。

一方、シリコンは半導体などの原料に用いられるケイ素という元素。
別物なのですが、「シリコン」という単語で聞くことが多いですね。
ここでは化粧品に配合される「シリコーン」について説明します。

シリコーンは低分子ではサラサラとした液状、高分子となると粘度が高くなり固形にもなります。
揮発性(液体の蒸発のしやすさ)が高く、サラっとした感触が特徴です。
化粧品に配合することで肌に塗布した後に徐々に揮発していき、ベタつかずにサラっとした感触を残します。
油分が多いけれどもベタっとした使用感を防ぐために、日焼け止めやBBクリーム、リキッドファンデーションなどに配合されています。

水にも油にも溶けにくい

水にも油にも溶けにくい

通常、化粧品に配合する成分は「親水性」や「親油性」という性質を持っており、水か油のいずれかに溶けやすいものが大半です。
しかし、シリコーンは水には溶けず、油にも溶けにくいという、変わった特徴があります。
そのため、水だけでなく汗や皮脂にも強くウォータープルーフ作用も期待できます。
ただし、それは「落としにくい」ことの裏返しでもあります。

シリコーンをきちんと落とすには油分を配合しているクレンジングを用いることがおすすめです。
使用しているアイテムにシリコーンがが配合されていると知らずに洗顔料だけを使用している場合、水には溶けないシリコーンをきちんと落とすことが出来ず、肌トラブルの原因となることも考えられるのです。

クレンジングをしない男性こそ注意!

クレンジングをしない男性こそ注意!

女性はメイクをする機会が多いため必然的にクレンジングをします。
また、男性よりもスキンケアの知識が多く、クレンジングと洗顔を別物と考えて行っている方が多いです。
そのため、シリコーンを配合しているものを使っていたとしても、きちんと落としている可能性があります。
しかし、普段クレンジングをする習慣のない男性は注意が必要です。
シリコーン配合の商品を買った場合には、きちんとクレンジングをするようにしましょう。
成分表に次のような成分がはいっていれば、シリコーンが配合されています。

  • ・シクロペンタシロキサン
  • ・ジメチコン
  • ・アモジメチコン
  • ・フェニルトリメチコン

クレンジングが面倒!洗顔だけで済ませたい!
そんな方は、ノンシリコーンの商品を選ぶことがおすすめです。

スキンケアアイテムは、使用感や質感を重視されがちですが、成分こそが大切。
自分の肌を大切に扱うなら、このようなことも知っておくとアイテム選びが楽になりますよ。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師