コロナ禍の「手」は荒れやすい!

マスク生活が当たり前となったコロナ禍の1年。
同時に、手洗い、アルコール消毒をするシーンが格段に増えました。
も顔と同じく、常に外気に触れ、酷使される肌の一つ。さらに年齢も出やすい部分です。普段の生活でも隠すことのできない
今日は見逃しがちなハンドケアについてご紹介します。

は思っている以上に見られている。

女性は、無意識に男性の手を見るという研究結果があります。

  • ・手が綺麗な男性は魅力的、モテる
  • ・手は女性が気になるパーツの1つ
  • ・手には遺伝子情報が詰まっている

こんなことを言われたりもします。

男らしさ、清潔感、繊細さ、生き様、セクシーさ。
女性は、男性の手を見る時に、このようなことを感じているのだとか。

そしてそれは、そのまま好感度に繋がります。
顔と同じく、ケアしておくことで、魅力的な男性につながるのですね。

なぜ手荒れが起こるの?

手荒れは、肌荒れの一つ。主に乾燥が要因となり、肌のバリア機能が低下することで起こります。

顔や体であれば、汗腺や皮脂腺が発達しているため、水分や油分を補給する仕組みがありますが、手だけはちょっと違います。
特に手の甲は皮脂腺が少なく、肌が自ら潤う力が弱い部分でもあります。

さらに、

  • ・常に外気に触れているため乾燥しやすい
  • ・様々なものに触れるため刺激を受けやすい
  • ・洗う回数が多く肌の潤いが失われやすい
といった特徴があります。



肌のバリア機能は、肌が潤っていることで正常に働きやすくなります。

そもそも肌のバリア機能は、肌の内部にある大切な部分がダメージを受けないように守る働き。

手洗いや消毒の機会が増えると、肌が皮脂膜を修復する前にまた洗い流す、という状態の繰り返し。
上記のような要因に加え、さらに乾燥しやすく、バリア機能が低下しやすく、様々な刺激を肌が直接的に受けやすい状態になってしまうのです。

アルコール消毒がしみる!痛い!


コロナ禍で急増したアルコール消毒
手洗いの後や、お店に出入りするときなど、アルコール消毒するシーンは日常となりました。

アルコールには揮発性があります。乾くときには、肌にある水分も一緒に飛ばしてしまう働きもあるため、肌はより乾燥しやすい状態に。
バリア機能が低下したお肌は、様々な刺激を通してしまいやすくなり、アルコールがしみて痛い!という状態も起きてしまうのです。

たかがだと侮るなかれ


手の乾燥を放置すると、カサカサ、ガサガサとしてくるだけでなく、
傷のようになり出血したり、湿疹のようになって痒みを伴ったりします。

このような状態になると、見た目の問題だけでなく、とても不快。

しかも、手はお伝えしてきたように、洗う頻度の高さと、潤う力の弱さから、
一旦手荒れが悪化してしまうと治りにくいという難点があります。

日々の生活の中で、手洗い、消毒、そして保湿を1つのルーティンとできるといいですね。

手の乾燥は気になる、でもベタベタするからクリームは・・・

いざケアしよう、そう思っても、ハンドクリームはベタついて不快、そんな方も多いと思います。

そんな時にお勧めなのが最近増えてきている、ジェルタイプのハンドケアアイテム。

当たり前にスマホに触れる時代。
さらに、車の運転やパソコンの操作など、働く男性はすぐに触れたいものが多いのも事実。

いくら手荒れをケアしたいからといって、やはり、ベタベタするクリームだと使いにくいのが正直なところですよね。

ジェルタイプでも成分によってテクスチャや使用感は様々です。
テクスチャはみずみずしいものでも、手にまとわりつくような、ねっとりとした状態に仕上がるものもあります。

そんなときは、速乾性のあるものや、オイルフリーのものだと、ベタつきが軽減されます。

男性はあまり重視していないハンドケア、そして、敬遠しがちなハンドクリーム。
でも、少し知識をもっていれば、きっと満足できるものが見つかるはず。

顔と同じように見られている男性の手
このコロナ禍だからこそ、周りにアピールできるを作っていきましょう。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当 古市亜紀
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師

オールインワンフェイスジェルに大容量サイズが登場!
サステナブルなタオルプレゼントキャンペーン!