春先ならではの悩みに気付いていますか?

春先は肌トラブルに悩む人が増える季節

「そう言われてみれば、何となく肌の調子がよくない」

  • ・乾燥の"カサカサ"とは違う気がする
  • ・頬骨周辺の肌に赤みや"ヒリヒリ"が出てきた
  • ・手で触ると"ガサガサ"とした手触り
  • ・何だか"ムズムズ"、"チクチク"した違和感がある
  • ・普段にはない肌荒れやニキビがでてきた

こんな事を感じていませんか?

それ、肌質だけでないかも!?

この「何となく、調子がよくない。」という違和感。
特に男性の方は、洗顔後や、髭剃りの後に感じやすいようです。
1~2か月で落ち着いていくため、自分は肌が弱いからかな?疲れていたから?忙しかったから?と、悩みながらも、肌質を理由にしたり、なんとなくやり過ごしてしまう方が多いのが実情。

毎年同じ時期に同じ肌の悩みが!?



実は、この季節の肌の不調には、きちんと原因がある場合が多いのです。

肌トラブル原因① 花粉、黄砂、PM2.5などの外的刺激

2月から春先にかけて、特に、花粉が飛散し始めると肌が荒れやすくなります。
花粉症ではない方でも起きる可能性があるのが「花粉症皮膚炎」。
皮膚炎というほどでなくても、肌トラブルを感じる方が増えるんですね。

肌トラブル原因② 空気の乾燥と肌の衣替え

まだ冬仕様の肌であるこの季節は、皮膚が薄い状態。

1年で1番湿度が低いと言われる2月の肌は、どんどん潤いが奪われていきます。バリア機能も低下しやすく、いつもより外的刺激を受けやすい状態なのです。



肌トラブル 原因+α 長く続くマスク生活

マスクによる蒸れや擦れが、さらなる肌トラブルを起こす、今年の肌。

予防と対策は「徹底した保湿」

この肌トラブルを回避するには「保湿」が1番。
潤いのある肌は、刺激を受けにくく、トラブルが起きにくくなります。
特に、男性はメイクをしないので、肌の潤いを逃しやすい上、花粉や黄砂が直接肌にふれてしまい、女性よりも危険度UP。

つまり「保湿力の高さ」だけでなく、「保湿力の持続性」も重要です。

注目すべきは保湿成分「セラミド」

  • ・高い保湿力
  • ・潤いの持続力
  • ・バリア機能のサポート

セラミドはこのような優れた働きを持っています。 ZIGEN オールインワン フェイスジェルは5種類ものセラミドを配合。
炎症を抑える働きのある成分も入っているため、春先の肌トラブル対策に最適です。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師