夏から秋へ。季節の変わり目に起きる肌不調の4つの理由

なぜか肌の調子が崩れる季節の変わり目

あっという間に夏も終わり、秋の訪れを感じる頃。
盛夏の頃に比べると汗をかく量も減り、少しずつ過ごしやすくなってきますね。

でも、そんな季節になると調子が崩れやすくなるのが肌。
夏から秋への季節の変わり目には、肌にどんなことが起きているのでしょうか。

この季節の肌に起きやすい不調の理由

1. 目に見える夏の肌疲れ

夏場に浴びてしまった紫外線。この紫外線によるダメージが肌に出てくるのが、季節の変わり目。



シミ・シワといった形で現れることもあれば、カサつきや乾燥・毛穴の開きなど、「あれっ!?」と思うような不調として、肌に現れてきます。

2. 汗の減少と皮脂の増加

暑き季節に知らず知らずかいていた汗で潤っていた肌。この汗が減ることで、乾燥を感じます。
肌が乾燥すると増えてしまうのが皮脂。
そのため、カサつくのに、ベタつく、という相反する状態が同時に肌に起きてしまいます。

3. 夏バテによる体調の変化

暑さで体力を奪われがちな夏は、食欲が落ちたり、室内と室外の気温の差など、思った以上に体に負担がかかってしまいます。
体の内側から受けたダメージは、肌にも現れてくるもの。
普段は健康なお肌の人でも、急な肌の赤味や皮むけ、ヒリヒリ感やニキビの発生など、いつもは起きないようなトラブルが起きてくることもあります。

4. 秋の花粉による肌荒れ

花粉症というと、春のイメージが多いかもしれませんが、実は秋にもあります。
気温も下がってきたし風邪をひいたかな?と思うような症状が、実は秋の花粉によるものだったと分かる人も。
8月~10月頃は、キク科やクワ科の植物の花粉症が起きる季節。ブタクサや、ヨモギなどがその代表例です。花粉症とまでいかなくても、肌に付着することで、肌の不調の一因になることがあります。

冬ほど乾燥しないからと侮らずに保湿を!



肌の健康は、内側と外側併せてケアすることがベスト。
まだ乾燥が酷くない季節は、どうしても保湿を軽視してしまいがちですが、きちんと潤った肌を作り、肌のバリア機能を高めておけば、乾燥を起因とするトラブルが起きにくくなりますし、花粉など外的な刺激の影響も受けにくくなります。

特に、潤いの王様であるセラミドは、潤った肌をキープするだけでなく、バリア機能を高める働きもあるのでおすすめ。ZIGENの「オールインワンフェイスジェル」には、それぞれ異なる働きを持つ5種類のヒト型セラミドが配合されています。
この季節の保湿ケアにも、ぴったりですよ!
ちょっと調子がよくないかも、と感じたときには、「フェイスマスク」で集中ケアしてあげると、肌の回復も変わってきます。

そして、健康な肌で季節の変わり目を乗り切るためには、

  • ・保湿ケアの前に正しく汚れを落とす洗顔をすること
  • ・栄養をしっかりととり、できるだけ体を休めること

この2つも大切です。

忙しい男性には、なかなか難しいことも多いかもしれませんが、少し意識するだけでも、肌は全く変わります。是非この季節のケアの参考にしてみてくださいね。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当 古市亜紀
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師