今が一番怖い!?春の紫外線。

日照時間がどんどん長くなってくるこの季節。
時間だけでなく、日差しも少しずつ強くなっていきます。

「紫外線」と言うと、「夏」のイメージが強いかもしれませんが、これは年中降り注いでいます。曇っていようが、室内にいようが、常に降り注ぐ紫外線。

そして、この季節の紫外線は、肌に最もダメージを与える可能性があるのです。

まだ準備ができていない、それが春の肌。

日差しの強くなる春先ですが、まだお肌は冬仕様から衣替えの真っ只中。
人の肌は、夏に向けて紫外線に対応できるよう皮膚が厚めになり、冬になると薄めになるんだとか。

まだ夏仕様のお肌になり切れていない春先は、紫外線のダメージが大きくなりがち。

では、紫外線対策を怠ると、肌に何が起きてしまうのでしょうか?

瞬間的に起きるダメージと時間が経ってから起きるダメージ。

私たちの肌に影響を与える紫外線には、「UVA」と呼ばれる紫外線A波と、「UVB」と呼ばれる紫外線B波があります。

UVA(紫外線A波)とは?

UVAは地表に届く紫外線の大半を占めており、その割合は95%を占めると言われています。
この紫外線そのもののエネルギーは強くないと言われていますが、降り注ぐ量が多く、また波長が長く肌の深い部分まで到達しやすい性質を持っているため、時間をかけて表面化する紫外線ダメージの原因になりやすいと考えられています。
肌の奥にある、新しい肌を生み出す「真皮」と呼ばれる層にまで達するため、肌の弾力やハリを生む組織や、肌の天然保湿因子であるヒアルロン酸などを生み出す部分にダメージを与え、いわゆる「光老化」の原因となります。

UVAのまとめ

【しみ・しわ・たるみといった、肌老化の原因に!】

  • ・波長が長く肌の奥まで届きやすい
  • ・肌への影響がすぐにでないため日焼けに気付きにくい
  • ・曇りでも降り注ぎ、室内でも窓ガラスを通す性質がある
  • ・日常生活で浴びる量が多い

UVB(紫外線B波)とは?

UVBは、UVAとは逆に地表に届く紫外線の5%ほどの割合を占めると言われています。
肌の表面で吸収されやすく、肌の深い部分に達することはあまりないようですが、きわめて強いエネルギーを持っています。

夏のスポーツシーンや、海といったレジャーなどで「焼けた!」と感じる、日焼け、いわゆる「サンバーン」の原因となるのは、このUVBです。
経験のある方が大半かと思いますが、肌がほてり、赤くなる、ヒリヒリする、皮がめくれる、といった肌ダメージの原因となるだけでなく、「サンタン」と言われる、日焼け後にメラニンが色素沈着を起こし赤茶色のシミができる原因や、そばかすの原因になるともいわれています。

つまり簡単に言うと、肌に火傷のような状態を起こす、非常にエネルギーの強い紫外線なのです。

UVBのまとめ

【サンバーン・色素沈着・そばかすの原因に!】

  • ・波長が短く肌の表面のトラブルを起こす
  • ・アウトドアでの日焼けで気づきやすい
  • ・炎症を起こす紫外線トラブルになりやすい
  • ・短時間でも大きく辛い影響を引き起こす

出会いの季節×紫外線ケア

紫外線が肌に及ぼす影響についてはわかって頂けたと思います。
では、どのように対策してくべきなのでしょうか。

スキンケアの面でのアプローチは「日焼け止め」
中でも、出会いの季節は、UV対策機能と、美肌機能を掛け合わせた「BBクリーム」がおすすめです。

まだ服装による肌の露出は少ないものの、顔だけは対策が必要になる春先。そんな時「BBクリーム」なら、スキンケア後に1塗りするだけで、紫外線対策だけでなく、さりげなく印象アップもできて一石二鳥です。

また、日焼け止めを顔に塗ると「なんとなく白くなって気になる・・・」そんなお悩みも、肌の色に馴染むことを目的に作られているBBクリームなら、心配する必要もありません。

バレたくない!BBクリームを選ぶポイントとは?

ポイント1:【質感を確認】

男性用のBBクリームは、塗りバレをしないことを前提に作られているものが多いですが、色味や質感は様々。マットに仕上がるものとナチュラルに仕上がるものがあります。メンズメイクに興味のある方や、慣れている方はマットな質感で陶器のような仕上がりを目指すこともできますし、初心者の方や、BBクリームを使っているとバレたくない方は、ナチュラルな仕上がりのものが使いやすいかもしれません。

ポイント2:【肌の色との相性を確認】

肌の色は十人十色。薄く延ばすことでかなり肌の色見に合わせることはできますが、微妙に色の違いが気になることもあるかもしれません。自然に見せたい、バレたくない、そんな時には透明感やツヤ感のある肌に仕上がるナチュラルな色味を選び、塗る際にも中心からぼかしていくことで、塗っていない部分との色味の差が気になりにくくなります。

ポイント3:【肌への優しさを確認】

クリーム独特のベタつきを緩和するため、UVクリームやBBクリームには「シリコン」が使用されているものが多くあります。水分に強く、サラっとした質感に仕上がるメリットもありますが、毛穴の奥に入り込んでしまうと簡単な洗顔やクレンジングではきちんと落とせず、肌トラブルの一因になってしまうことも考えられます。
肌に負担をかけたくない、肌が強くない、そんな方はシリコンフリーのものを探してみるとよいですね。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当 古市亜紀
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師