短期決戦の強い味方。お疲れ肌を助けるスキンケアとは?

現代人の疲れは顔にでやすい

とにかく忙しく、ストレスの多い現代人。さらに、パソコンやスマートフォンによる目の疲れや、ブルーライトによる肌老化など、今まで以上に、そして自分が思っている以上に疲れやすくなっているもの。

その疲れは、やはり、肌や表情に出やすくなってしまいます。

肌にハリや艶がない、目尻のシワが目立ち、目の下にはクマ。
くすんで顔色も悪く見えるし、顔全体が下がって見える・・・
さらに疲れてしまうと笑顔も出にくくなって、表情からもお疲れが見えやすくなってしまいますよね。

基本のスキンケアとスペシャルケア

洗顔、化粧水、乳液、このようなよく聞く基本的なスキンケアは知っている・やっている、そんな方も多いと思います。そんな基本的なスキンケアとは別にピーリングや美容液・パック・マスクといったような、スペシャルケアにあたるスキンケアがあります。

パックの中には、

  • ・不要な角質を取り除くのに有効な、ジェル状のものを塗ってから乾燥させてはがすもの
  • ・肌に栄養を与える美容成分がたっぷり入ったクリーム状のものを塗って洗い流すもの
  • ・水分補給も同時にできる美容液をしみこませたシート状のマスクを顔に乗せるもの

などがあります。

今日はこの中でもシート状のマスク、「フェイスマスク」についてお話していきたいと思います。

フェイスマスクって?何がいいの?

フェイスマスクは、顔の形に合わせたマスクに、美容液をたっぷりと染みこませてあるもの。
美容液やパックとも重なる部分がありますね。

このフェイスマスクの特徴は、大きく3つ。

  • ・高い保湿力
  • ・短時間で可能な集中ケア
  • ・体感できる即効性

短時間に集中してケアできることで、基本のケアだけの場合よりも、ダメージを受けた肌を早く整えることができる点が最大のメリットです。

フェイスマスクは1包ずつ個包装されたタイプですと、だいたい1包あたり、20ml前後の美容液が入っています。
これがどれくらいの量かというと、一般的な美容液は通常の基礎化粧品よりも高価な上、その内容量は30~50ml前後。美容液の内容物が全く同じわけではありませんが、この量を考えると、フェイスマスクに含まれている美容液の量がとても多いことがわかると思います。

これだけの美容液が含まれたシートを、顔に10分前後、密着させておくため、通常よりも肌が潤った状態を作ることができるだけでなく、乾燥や紫外線によるダメージからの回復につなげることができるのですね。

特に、日焼け後のほてりや乾燥、冬場の酷いカサカサなどには、1度の使用でも、お肌の回復を助けることができた!と感じやすいかもしれません。

あくまで化粧品にはなりますから、お薬のように「何かを治す」というものではありませんが、自分自身だからこそわかる「ちょっとした不調」を早めに整えたり、受けてしまったダメージからの回復を早めることができるため、フェイスマスクをスペシャルケアとして取り入れることで、肌の調子が安定しやすくなります。

どう選べばいい?いつ使えばいい?



さて、フェイスマスクを使うことで、お肌を短期集中してメンテナンスできることは分かりました。

ところが、いざ、使ってみよう!となると、たくさんの種類や、それぞれの使い方があり、どうやって選べばいいの?いつ使えばいいの?と悩まれる方も多くいらっしゃいます。

次は、選ぶ際のポイントを考えてみましょう。

大容量タイプ?個包装タイプ?

フェイスマスクには、1か月分や1週間分の量がまとめて入っているものと、1包ずつ個包装されているものがあります。

大容量タイプ
まとめて入っているタイプのものは、毎日使うことを前提としていること、水分補給を大前提に作られているものが多く、濃密な美容液というよりも、化粧水に近いようなサラっとした美容液であることが多いです。
個包装のものよりも美容液の量が少なくて済むこともあり、安価になりやすいです。とにかく、毎日のケアに取り入れていきたい!という方は、手に取りやすいですね。

気を付ける点としては、衛生面。指先でつまんで取ることが多いですし、2枚同時に取れてしまった、ということもあります。手は清潔にしているつもりでも、雑菌がつきやすいもの。さらに、美容液は栄養分が豊富なため、雑菌が混入してしまうと、増えやすいという面もあります。極力、使用するシート以外には触らない、1度出してしまったものは戻さない、といった点に気を付けていきましょう。

また、ティッシュのように、複数枚が重なって入っており、上のものからとって使うような仕様の商品は、どうしても美容液が下の方に溜まってしまい、上部にあるシートに美容液が含まれる量が少なくなることもあります。使用前に一度、上下を逆にするなど、美容液がきちんとシートに染みこむようにできるといいですね。

個包装タイプ
個包装のタイプは、毎日使ってもよいですし、週に数回など、自分が好きな時に、好きなタイミングで使いやすいだけでなく、出張、旅行といった時にも持ち運びやすいというメリットがあります。
スペシャルケア用に作られているものも多く、1枚ずつ外装も必要になりますし、美容液の量もある程度必要になることから、少し高価になってしまいますが、
衛生面の心配がなくなること、また、残った美容液をさらに顔に広げることができるだけでなく、首や体といった他の場所に広げることができるため、実はケアできる場所が広がるというメリットもあります。

普段、シンプルなケアをしている人は、突然、美容成分豊富なタイプのマスクを連続使用すると、栄養過多のような状態が起きてしまい、逆に肌トラブルに繋がる場合も考えられます。まずは、週1~2回で初めて見るといいですね。

成分はどう選べばいい?



フェイスマスクも様々なタイプのものがあります。化粧水のようなサラサラの美容液のものから、濃厚な美容液のもの、クリームタイプの美容液のもの、さらには、UV対策効果や化粧下地になる成分が入っているものまで様々です。
特徴的な成分は、各商品に明記されていると思いますので、その時に解消したい悩みや、対策したい点を考えながら選ぶと良いですね。

例えば、代表的な悩みと、それに対して相性のよい成分としては

  • ・ニキビや肌荒れによる炎症に悩んでいる
    ⇒炎症を抑える働きのある成分…グリチルリチン酸2Kやアラントイン、今話題のツボクサエキスやティーツリーヨクイニンなど
  • ・毛穴が気になっている
    ⇒収斂作用のある成分…ハマメリスエキスやカキタンニン、セージエキスなど
  • ・シミが気になる、美白をしたい
    ⇒ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキスなど

美容液には、多くの成分が多角的な視点から配合されていることが多いので、どういった面に特化した成分が配合されているかを見てみるとよいですね。

使うタイミングは?

朝晩のスキンケアの際に取り入れることができます。
洗顔後の肌にすぐ使うものもあれば、化粧水で肌を整えた後に使うタイプのものもあります。オールインワンタイプの基礎化粧品を使っている場合は、マスクを使用した後、肌に残っている美容液をしっかりとハンドプレスしてなじませてから使われると良いと思います。
この時、すぐに保湿するのではなく、少しだけ時間を空けるのもコツですよ。

もし、いつもよりベタつくように感じてしまったら…?

普段しないケアをすることや、集中的に肌に潤いや栄養分を与えたことで、何となくいつもよりベタついている気がする、という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな場合は、肌に美容液をなじませた後、軽くティッシュを顔にのせて抑え、肌表面に残っている不要な潤いを取り除いてあげると、不快感がなくなり、潤いのある肌が作れますよ。

これまで、基本のケアしかしてこなかった人ほど、結果が出やすいスペシャルケア。
まずは、フェイスマスクから取り入れてみませんか?

- フェイスマスクを顔にのせているあいだ、目をつむり、ちょっとだけ横になってみる -

こんな時間は、肌だけでなく心も癒してくれる時間です。
自分のためのスペシャルケア、ぜひ始めてみてくださいね。

この記事を書いたのは・・・

ZIGEN株式会社 商品開発・CS管理担当 古市亜紀
・化粧品成分検定1級合格
・化粧品成分上級スペシャリスト
・国際薬膳食育師

オールインワンフェイスジェルに大容量サイズが登場!
サステナブルなタオルプレゼントキャンペーン!